ハムスターの腫瘍手術

今日は、ちっちゃなハムスターの腫瘍の切除手術を行いました。8か月の男の子、名前はキングくんです。

d0124072_19365811.jpg

左耳の付け根と左前足の先にイボ状のしこりができ、どんどん大きくなっているとのこと。
1週間抗生物質を飲んでもらっても状況が変わらないので、手術で摘出することになりました。麻酔はガス麻酔。犬用の吸入麻酔用のマスクにすっぽり入ってもらい、麻酔ガスをかがせていきます。しっかり効いたら、素早く電気メスで切除!モタモタしてるとすぐ麻酔から覚めてくるので何度かマスクに入ったり出たりしながら・・・

d0124072_19371147.jpg

取れました006.gifちょっと手こずりましたが・・・

キングくんはまだ若いのに腫瘍体質のようです。今日切除した所もまた再発するかもしれないし、今回は取れませんでしたがマブタにもしこりがあります。今後は免疫強化のサプリメントも必要となるかもしれません。

ちなみに今まで私がハムスターを手術した中で、最も大きい腫瘍はこの子。(ハムちゃん、当時1才)
d0124072_19382966.jpg

体の半分くらいの大きさに腫瘍が成長して歩くのも困難になったので手術に踏み切りました。幸い、術後の経過は順調で、ちょうど今年の1月で手術して1年になります。年は2才、ハムスターの平均寿命を超える長生きをしてくれています。

ハムスターはとても腫瘍ができやすい動物です。できた場所や年齢・体調によって手術不可能なことも多いのですが、もし体にしこりを見つけたら、早めにご相談くださいね。

★お知らせ★

昨年12月に当院に入院し、若松本院でも緊急手術を行ったシェパードのジュンちゃんのことが若松の診療日誌(気まま日誌)にて紹介されています。手術中の写真もありますが、大丈夫な方はぜひご覧ください001.gif
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-18 19:57 | 診療日誌


行橋動物ケアクリニックの診療日誌です


by yukuhashi-a-c-c

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ご挨拶
設立趣旨
診療指針
工事過程
設計図
診療日誌
おしらせ
トリミング
今日の診察室
症例
スタッフのわが子達
里親募集
学会報告
LEBAⅢトライアル
写真コンテスト
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

今林動物ケアクリニック ...
日本一周 徒歩の旅・路傍...

その他のジャンル