バレンタインだから、恋の季節の話題

そろそろ猫ちゃん達の恋の季節。普段家にいる子が脱走して妊娠してしまったり、女の子をめぐってケンカしてケガしたり、伝染病をもらったり・・・あまり嬉しくないお土産が付いてくることもしばしば007.gif

Kさんからは、家の周りにいる野良猫ちゃんがこれ以上増えないように、避妊して欲しいという相談を受けました。二匹の野良ちゃんの手術の予約が入ったのですが、1匹は生粋の野良ちゃん。いざ手術のために捕まえてみると下痢をしており、検便するとマンソン裂頭条虫(カエルやヘビを食べると感染するサナダムシです)が・・・早速虫下しの注射を034.gif

もう1匹は最近現れるようになった新顔さん。安定剤をかけて手術のためお腹の毛を刈ったところ、下腹部に手術跡らしき古傷を発見!・・・なつこい子だったので事前に触診や簡単な毛刈りはしていたのですが、予想以上に下の方に手術跡があり、まさかの手術済み発覚でした005.gifお腹を開ける前にちゃんと確認しておいてよかった019.gif病院によって、手術の傷の場所や大きさが異なるので、確認する時は慎重に・・・。

特に野良ちゃんでは、保護した方が性別すら確認できてないこともあり、避妊の予定が急遽去勢手術に変更なんてことも・・・

毛刈りして手術済が発覚した野良ちゃんは、診察時に歯が悪かったので、安定剤が効いている間に歯の治療を行ないました。

d0124072_18162276.jpg

いつも舌が出ていて食べにくそうにしてるとのことでしたが、奥歯が膿んでグラグラしちゃってます007.gif

d0124072_18163521.jpg

眠っている間に悪い歯を抜いて化膿止めの注射も打って処置完了。痛かった歯がなくなったから、目覚めてごはんの食べやすさにビックリしたかも・・・朝からモリモリ食欲旺盛でした037.gif

そしてこのちぃちゃんは、お外に遊びにでたばっかりに大変な目に・・・今はもう元気になりましたが001.gif
d0124072_1817217.jpg


昨年避妊手術を済ませ、エイズと白血病も検査で陰性、お外に出るなら今度ワクチン打ちましょうとお話してた矢先のことでした。仲良くなった野良ちゃんから伝染病(ヘルペスウイルス感染症)をもらってしまい、高熱に目ヤニ・鼻水にクシャミ連発、食欲も落ちて毎日通院する羽目になってしまいました。なかなか強力なウイルスだったようで、飼い主さんもちぃちゃんも嫌というほどワクチンの大切さを身をもって感じたことでしょう・・・

しかもちぃちゃん、ケンカもしたのか怪我もしていて化膿もしてました。お外は楽しさと引きかえの危険もいっぱい031.gif

猫たちが恋をするにもなかなか難しい世の中になりましたね。
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-02-13 18:17 | 診療日誌


行橋動物ケアクリニックの診療日誌です


by yukuhashi-a-c-c

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ご挨拶
設立趣旨
診療指針
工事過程
設計図
診療日誌
おしらせ
トリミング
今日の診察室
症例
スタッフのわが子達
里親募集
学会報告
LEBAⅢトライアル
写真コンテスト
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

今林動物ケアクリニック ...
日本一周 徒歩の旅・路傍...

その他のジャンル