カテゴリ:診療日誌( 112 )

鶏の骨にはご用心!

d0124072_834392.jpg

ビーグルMixのビビちゃん、2週間前に鶏の手羽元を食べて以来、口を気にし出して急に口臭が強くなったとのことで来院しました。食事も軟らかいものしか食べれない様子。

診察中、ちらりと見えた口の奥に怪しいものが(°▽°)

早速ガス麻酔で確認すると…

d0124072_8402919.jpg


歯の上にガッチリ挟まった骨片を発見!

歯と同じ色なのでわかるかなあ?
d0124072_8513190.jpg


挟まっていた骨と、抜けた歯…鋭く尖った先が歯茎にささりこんでいました(>_<)

もともと歯槽膿漏もあったようで、骨片とともに歯も抜けました037.gif

よく言われますが、鶏の骨は縦に裂けるとするどく尖り、口の中や食道に刺さることもあります。

あえて与える人は少ないのですが、盗み食いしやすい食べ物なので、気をつけましょうね006.gif

ビビちゃん、今日からは美味しくゴハンが食べれるね!
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2013-05-30 08:32 | 診療日誌

後肢が動かない

お盆前の暑い日。
左の後肢が動かなくなったと、7歳の猫が病院へやってきました。
名前はソマリン。

歩こうとしても曲げることができずに伸びたままの左の後足。
猫で足になにか異常がある場合、まず思い浮かべるのが骨折やケンカ傷です。
左肢を触ってみると右と比べて冷たく、試しにツメを短く切ってみても、出血量が極端に少ない008.gif
これは、骨折やケンカではなく、血行障害で麻痺がおきてる証拠!!

エコー検査で心臓を確認してみると・・・・
心筋が肥大してる!!!

これは肥大型心筋症といって、心臓の筋肉が厚くなることによって、
十分に全身に血液を送れなくなる病気です。

この病気は、呼吸困難や後肢麻痺などが主にみられ、放っておくと
後肢の先端が壊死してしまったり、呼吸が出来なくなって亡くなってしまうこともあります。


ここから入院して治療がはじまりました047.gif


血行や神経の流れをよくするためのレーザー治療、
心臓の栄養剤や血行促進のための注射を毎日がんばりました。

写真は、お父さんに抱っこされてレーザー治療をするソマリン。
d0124072_113601.jpg


頑張って治療を続けたおかげで、血行も少しずつよくなり、
左後足を曲げてだいぶ歩けるようになりました!

もとのとおり元気に走り回れるようになるまであと一歩!

ソマリン頑張れ!
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2011-08-30 11:36 | 診療日誌

里親さん見つかりました♪

前回ご紹介したタンゴくん、その後当院の患者さん宅に無事里親決定しました058.gif

新しいお名前は「アーチャー」になり、愛情独り占めしてるみたい016.gifよかったよかった♪

タンゴくんが巣立ったあとも、里親募集している動物たちは沢山います。今回は当院に貼りだしてある里親募集中の子たちをご紹介します。

d0124072_17443120.jpg

男の子、キジトラ、生後約1か月。

d0124072_17445174.jpg

9月9日生まれの3兄弟(すべて男の子) 1

d0124072_1745959.jpg

                         3兄弟 2

d0124072_17452330.jpg

                         3兄弟 3

d0124072_17454051.jpg



d0124072_17461320.jpg
d0124072_17514097.jpg

[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-11-05 17:46 | 診療日誌

おかげさまで

前回ご紹介した仔猫ちゃんたち、皆新しいおうちが見つかりました!

灰白の女の子は当院の患者さん宅に、シマの女の子は当院患者さんの知人宅に、シマの男の子2匹はそろって同じお宅に旅立ち、シマ白の男の子はスタッフの今地さんの後輩にもらってもらうことになりました。

ご心配いただいた皆様、ありがとうございました。5匹みんな、幸せになってね053.gif

ところで病院に今入院している猫の患者さん、「スマイル」くん。

d0124072_22152792.jpg


今回ケンカと交通事故で下あごの骨が折れる重症を負って来院しました。どこかで見た事ある飼い主さんだなあと思いながらお話してて、気がつきました。

「ジャイちゃん!!」

初めは怪我した顔が痛々しくてわかりませんでしたが、昨年、私達が乳飲み子のころから育てて里子に出した仔猫の一匹だったのです。


甘えん坊で手を吸うのが大好きで
d0124072_22134828.jpg


兄弟で一番のんびりしてて
d0124072_2214211.jpg


ポケットに入って寝てたあの子です。
d0124072_22122734.jpg


スタッフ全員、ついつい幼少時の名前で「ジャイちゃ・・・じゃないスマイル」と呼んでしまいます037.gif
久々の再会が事故で入院なんてビックリですが、何はともかく順調に回復してくれてて何よりです。
もう無茶はしないでね~、スマイル001.gif
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-09-07 22:10 | 診療日誌

5月最終日・・・凹む1日

怒涛の狂犬病・フィラリア予防の時期もピークを過ぎた5月最終日、なぜか今日は朝から悲しい別れが続きます。

日が変わってすぐ、帝王切開して取上げたコーギーの仔犬が私の腕の中で息を引き取りました。たった3日の命。せっかく生まれたのに短すぎるよ・・・

診察が始まると、一昨日から調子を崩していたシーズーの嵐ちゃんの訃報が。そして同じく心臓病を患い咳の酷かったビーグルのメリーちゃんの訃報。

続く時は続くね・・・とスタッフと話していた終了間際、スズメのちゅんぺいを託していたKさんが泣きながら来院。なんとちゅんぺいも昨日突然亡くなったと・・・

ここで一気に感情が抑えられなくなりました。涙が出て止まらない・・・。

ちゅんを可愛がっていたスタッフの吉田さんと、しばらく奥の部屋にこもって泣いてました。

獣医ですから、動物の死にはよく立ち会います。頭では仕方なかったとわかっていても、重なるとしんどいなあ・・・。とっても落ち込む1日でしたが、泣いて、寝て、起きたらまた前向いて。動物達の待つ病院へ向かいます。

昨日交通事故で入院したダックスのチョコちゃんは大丈夫かな?着替えもそこそこに見に行くと、ICU(集中治療室)でシッポを振ってるチョコちゃんが見えました。

昨日よりいい顔してます。よかった~001.gif

辛いこともありますが、嬉しいこともそれ以上にあるこの仕事。私は獣医師になれて幸せだと心から思います。
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-06-01 21:57 | 診療日誌

今年最後の狂犬病集合注射

d0124072_12355579.jpg


今日は、地区の狂犬病集合注射の最終日でした。私は今年2年目、1シーズンに3日くらい当番がありますが、1日目は病院周辺、2日目はみやこ町勝山、3日目の今日はみやこ町犀川でした。

朝一番でまわった地区は、道中不安になるほどの山奥の集落。集まってくれたワンコは3匹・・・数頭のために役所から保健所から獣医師まで3台の車で行きますが、こういったところこそ、本当の意味で集合注射が必要な地域なのでしょう。犬を飼われているのはお年寄りが多く、市街まで遠く離れていると動物病院に連れて行くのも一苦労ですもんね。

3日のうちには、あやうく咬まれそうになったり、犬を持てない飼い主さんが咬まれてしまったり、首輪抜けして逃亡したりと、トラブルも少々ありました。病院内で行なう個別注射では、可能な限りスタッフが保定するし逃亡なんてこともまずないのですが、集合注射は屋外、しかも犬をコントロールできる飼い主さんばかりではないし(女性の方やお年寄りがほとんど・・・)他の犬を見て興奮した犬が予想もつかない行動をすることもしばしばで冷や汗ものです。

何はともあれ無事終わって何よりです。もし集合注射に行きそびれた方は、病院にて接種できますのでお忘れなく034.gifアレルギーが出て具合が悪くなる子もいますから、なるべく午前中か午後早い時間にお願いします。

写真は注射の接種場所から見えたレンゲ畑。心癒される風景です♪
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-05-14 12:35 | 診療日誌

介護ホテル

d0124072_995952.jpg

今、病院には18歳のおばあちゃん犬、アイちゃんがホテルで滞在中です。

ホテルはホテルでも、アイちゃんはほぼ寝たきりで要介護状態。飼い主さんが入院したのでお世話をすることができず、かといって一般のペットホテルでは対応できないため介護や治療も同時にできる当院のホテルでお預かりすることに。

夜間犬舎(入院室)の中に入れておくと動きすぎて変な体勢になって身動きが取れなくなるので、アイちゃんのお預かりはVIP待遇006.gif

日中は目の届く診察室の奥のスペースに。夜は一部屋にお布団を敷き詰めてアイちゃん専用ルームに。

d0124072_993226.jpg

 夜のアイちゃんルーム


自分で寝返りができないアイちゃんは、寝返りがしたいといっては鳴き、水が飲みたいといっては鳴き、お腹が減っても鳴き、おしっこやウンチがしたいときも鳴き・・・、スタッフを呼びつけては至れり尽くせりの介護を受ける日々。最近では構って欲しいときにも呼びつけます037.gif

「ハイハイ、どうした~?バア(アイちゃんのこと・・・)」アイちゃんが鳴くたび誰かが様子を見に行きます。

飼い主さんが退院するまで、元気でいてね。

介護が必要なペットのホテルも受付中。お問い合わせは行橋動物ケアクリニックまで。
 0930-26-1303

[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-05-13 09:27 | 診療日誌

シャモのひな

d0124072_20222559.jpg

神妙な顔でレーザー治療をうけているのは、シャモという鶏のヒナです。

シャモは漢字で書くと「軍鶏」と書き、体高が50~60cmにもなる大型の鶏です。大人になるとすごく凶悪な感じになっちゃいますが、ヒナは可愛いですね053.gif

さて、このヒナちゃんは大きな親鳥に踏まれたらしく、足を痛めて立つのがやっとの状態です。呼吸も荒く、肺にも障害が及んでいるかもしれません・・・。レーザー治療と抗生物質や消炎剤の対症療法、そして隔離して暖めて看護するよう飼い主さんにお願いしました。

「鶏なんか見てくれるのかな・・・」と飼い主さんは心配だったそうですが、当院には犬猫以外にもいろんな動物が訪れます。

鶏やアヒル、野鳥から亀、モモンガなど・・・基本的に毛の生えた動物は何でもウェルカム016.gifです。ヘビやトカゲはちょっとムリですが007.gif
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-04-27 20:22 | 診療日誌

リニューアル!!

本年度から行橋市の狂犬病予防注射を打った際に交付される鑑札と注射済票がリニューアルしました016.gif

d0124072_7462217.jpg

ワンコの形の鑑札に、骨型の済票053.gifなんて可愛いのでしょ!

狂犬病予防注射は打ってるものの、鑑札をつけていないというワンコは大変多く、迷子になった時も身元がわからなければ処分されてしまうこともあります。しかし、鑑札をつけていたことで飼い主さんがみつかり無事お家に帰れた例も見てきました。

「もっと可愛い鑑札だったらみんな付けるのになあ・・・」と思ってましたが、なかなか形まで変えるのは難しいかなと諦めてもいましたが・・・・

やるじゃん!!行橋市!!
4月1日から始まった予防注射ですが、飼い主さんたちも届いた鑑札をみて喜ぶだろうなあ♪今から反応が楽しみです。
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-04-14 07:53 | 診療日誌

糖尿病のプリンちゃん

d0124072_155659.jpg


この子はウエスティーの女の子、プリンちゃん。糖尿病のため自宅で飼い主さんにインシュリン注射をしてもらっています。

プリンちゃんの糖尿病が発覚したのは数ヶ月前。なかなか皮膚病が治らず、オシッコをもらすようになったということで血液検査をしてみて発覚しました。

飼い主さんは、生涯インシュリン注射が必要と聞いた時点でそれはそれはショックを受けて気の毒なくらいでしたが、すこしづつ、注射の打ち方を練習し、血糖値のコントロールのために食事療法にも取り組み、今では自宅での1日2回の注射もしっかりこなせるように038.gif

その甲斐あって、最近は血糖も安定し、とっても体調のよいプリンちゃん。先日のトリミング後の一枚です♪

プリンちゃんの健康は、小さな注射器で打つインシュリンと、お母さんの愛情で守られているのです053.gif
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-04-12 23:28 | 診療日誌


行橋動物ケアクリニックの診療日誌です


by yukuhashi-a-c-c

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ご挨拶
設立趣旨
診療指針
工事過程
設計図
診療日誌
おしらせ
トリミング
今日の診察室
症例
スタッフのわが子達
里親募集
学会報告
LEBAⅢトライアル
写真コンテスト
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

今林動物ケアクリニック ...
日本一周 徒歩の旅・路傍...

その他のジャンル