<   2010年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ホテルの常連さん

d0124072_23171220.jpg


S家のプチ(左)とピース(右)です。この子達は若松時代からの患者さん。プチと、もう一匹の兄弟クッキーが処分寸前のところをSさんに救われて病院に連れて来られたのがSさんとのお付き合いの始まりです。。それ以降、MIXのピース、ミコ、ゴールデンレトリバーのリュウ、ミニチュアダックスのシン、猫の鈴と、1匹また1匹と家族が増えました。
このS家のみんなには定期的にホテルやトリミングをご利用いただいていて、現在このプチ、ピースとシン、猫の鈴ちゃんが滞在中。

4~5年前の若松時代の2匹。一番年長のプチも、白髪が増えました(^。^)比べてみると模様が違う子みたい005.gif
d0124072_2342543.jpg

[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-31 23:43 | 今日の診察室

今日の患者さん

犬ちゃん代表012.gif
1月13日の日誌でご紹介した若松本院で緊急手術をうけたバフィくん。本日めでたく抜糸の日を迎えました。
d0124072_18395882.jpg

貧血も随分改善されて、もとの元気な表情が顔を覗かせていました。ここまで回復してくれればまずは一安心です。あの日、「行橋まで生きて戻ってきて!!」と祈るような気持ちで若松へ送り出したバフィ。
命がけの手術や、術後の危ない状態も脱して、こんなに元気になるなんて・・・緊急事態の中、頭の中で、バフィの生存率が一番高い方法は??と考えて飼い主さんと相談して下した結論が吉とでました。
これからまだまだ子守犬としてのお仕事が待ってるよ♪まだまだ元気でいてね001.gif

そしてもう1匹。猫ちゃん代表053.gif
d0124072_18401011.jpg

先日目やに・鼻水で来院していた三毛猫むぅちゃん。おそらくヘルペスウイルスをもらったのだと思いますが、この時期お外に出る猫がノラちゃんからもらってしまうことも多いようです。
インフルエンザと同じく、ワクチンを打つと軽症で済むことが多いので、外出する猫ちゃんはワクチン接種をおススメします。むぅちゃんも、今日には症状が落ち着いてくれていたので、近々接種予定です。
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-30 18:42 | 診療日誌

ワン・ニャンの産科診療について

うちの子の子供を見てみたい・・・ペットを飼っていれば誰しも一度は思うことでしょう。

出産には色々なリスクを伴います。難産になったり、親が育児放棄したり、子供に障害が出たり・・・出産させたはいいけど、子供の貰い手が付かないなんてことも・・・

当院で出産させたいと相談を受けた場合は、まずこの点を飼い主さんによくお話します。それでも意思が変わらなければ、妊娠・出産・育児にむけての産科診療がスタートします。

交配に関しては、当院での交配相手の斡旋は行なっていませんので、飼い主さんがご自分で探して来ていただきます。交配適期は、犬ではスメア検査(外陰部の細胞検査)でおおよその目安が立ちますので、参考にしてもらって交配時期を決めてもらいます。

そして、交配後、2~3週間ほどで超音波エコー検査。妊娠していればお腹の中に赤ちゃんの入った袋が見えてきます。この段階では正確な頭数まではわかりませんから、妊娠55日頃でレントゲンで頭数を確認します。犬猫の妊娠期間は約63日。レントゲン撮影時には、帝王切開になる可能性や、出産の兆候や補助の仕方などについても説明します。あとは、生まれてくるのを待つのみ・・・

お産は100匹いれば100通り、場合によっては自宅に連れ帰り自宅で出産させることも・・・
大変なことも多いのですが、元気に生まれてきた子達の顔を見てるとふきとんじゃいます♪


妊娠3ヶ月になると飼い主さんが連れて来られたふーちゃん。妊娠前からの肥満が原因でしたが、帝王切開でママに・・・
d0124072_2385460.jpg



心配性の飼い主さんに、入院出産を依頼されたマイちゃんと我が家で生まれた仔犬達。
d0124072_21232615.jpg


仔犬を熱望してて、交配適期から出産までずっとお付き合いしたシェリー。妊娠がわかった時は家族で泣いて大喜びでした019.gif
d0124072_2393412.jpg


無計画な繁殖で望まれない仔犬や仔猫が生まれるのは嫌なので、安易な繁殖はおススメしませんが、環境が整っていて出産させられる状況であれば、喜んでお手伝いしたいと思います。

もうすぐ、マイちゃんの仔犬達がワクチン接種にやってくるはず・・・楽しみです016.gif
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-29 21:28 | 診療日誌

LEBAⅢ トライアル 第2週

d0124072_14331840.jpg

2週間経ちました。10cc容器に小分けしたLEBAⅢが大体半分なくなりました。うなくらいの大型犬でも一ヶ月弱は持ちそうです。1回あたり4滴くらい使っていますが、もう少し増やしてみてもいいかな・・・
今日からは6~7滴使う感じにしてみようと思います。

口臭はOK049.gif058.gifしかし、歯石はまだまだ・・・根気強くやってみましょう058.gif
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-28 14:36 | LEBAⅢトライアル

リュウちゃん☆BIFORE→AFTER

11月に初診で来院されたヨーキーのリュウちゃん。とっても酷い皮膚病で首の周りの毛が抜け落ちて、かゆみも激しく、見るからに痛々しい状態でした。

d0124072_0561275.jpg


d0124072_1181133.jpg


皮膚の検査をしてみると、細菌性と、マラセチアというカビが原因になっていることが判明009.gif

毛刈をしての消毒や抗真菌剤や抗生物質の内服で、すっかり良くなりました003.gifそれまでも病院に連れて行ってもなかなか治らず悪化してきたということで来院されたのですが、原因がつかめて、きちんと効果が出てくれたので一安心053.gif

d0124072_113916.jpg

毛刈して短かったところもようやく生え揃ってきました。

d0124072_115717.jpg

新しく生えた毛はまだ黒々しています。

d0124072_121051.jpg

こんな可愛いお顔です016.gif

治療に入る前、飼い主さんに了承を得て写真を撮らせてもらっていたので、今回BEFORE→AFTERをご紹介してみました。

アレルギーや、アトピーと診断されながらなかなか皮膚病が治らないと来院される方は多いのですが、よく調べてみると、リュウちゃんのように細菌だったりカビだったり、はたまた疥癬やアカラスというダニが原因のこともあります。

最近は手ごわそうな皮膚病の子が来院すると、私が何も言わないうちからスタッフが皮膚検査セットを用意してスタンバイしてます049.gif必需品はなんとセロハンテープ005.gifこんな身近なものが、診断の決め手になるんですよ034.gif
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-28 01:16 | 診療日誌

避妊・去勢手術についての豆知識

d0124072_194851.jpg

本日トリミングで来院されたキャバリアのマックくん。体重7.8kg
キャバリアは心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)が多いのですが、マックも例にもれず心臓に雑音があります。

d0124072_1981414.jpg

同じくトリミングで来院されたキャバリアのチャチャちゃん。体重12kg!!避妊手術を受けた後、一年足らずで2kgも太ってしまいました。チャチャちゃんにも心臓病があります。早い子では5~6才から心不全の兆候が出てくるので、キャバリアを飼われている方は気をつけてあげてくださいね001.gif

そして同じ名前のミニチュアダックスのチャチャくん。
d0124072_1910576.jpg

チャチャは去勢手術を済ませたころから、全身の毛が綿毛のようにフワフワになってきました。これはダックスでよくみられる現象で、ホルモンバランスが変わることが影響しているようです。残念ながらもとには戻りません。そのため、当院では、ダックスの避妊・去勢手術前には必ずこのことを説明するようにしています。

ペットとして飼われているワンニャンでは当たり前のように行われている避妊・去勢手術。望まれない子犬や子猫を増やさないために、また、生殖器の病気の予防になるという大きなメリットがあるからこそ、推奨されているのですが、一方で術後太りやすくなったり、毛質が変わったりするデメリットも・・・
その子の体質や、縫合に使う糸の種類によって、【縫合糸誘発性肉芽腫】というしこりが出来てしまうこともあります。糸に対する一種のアレルギー反応といわれていますが、手術で原因になっている糸を取り除いても体のいたるところで再発してくるたちの悪いしこりです。これまた、ダックスは好発犬種です008.gif
組織反応の少ない糸を使うことで発症は減らせますが、100%防止することはできません。

避妊・去勢とはいえども、麻酔もかけるし、お腹も開ける(避妊のみ)立派な手術。家族である飼い主さんには、そのメリットと起こりうるデメリットをきちんと理解して頂きたいと思います。

手術の時期・価格・入院や手術に対する相談・質問はいつでもお受けしています。お気軽に病院までお問い合わせください。

行橋動物ケアクリニック 0930-26-1300
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-26 19:46 | 診療日誌

トリプルなミラクル

今日行なわれた、そして明日・明後日手術予定の入院中の3匹・・・

d0124072_19333680.jpg


d0124072_2257214.jpg

わたし、はなです。今日のシュジュツ、痛かったわ。

d0124072_2365578.jpg

わたしも、はなです。明日のシュジュツ、緊張するわ。

d0124072_1935954.jpg

わたしだって、はなよ~~!!もっとごはんちょうだいよ~~!!

3匹そろって【はなちゃん】なのです005.gif ね?ミラクルでしょ?
女の子のワンコに多い名前とはいえ、めったにあることじゃありません。
「はな!」って呼ぶと、皆いっせいに振り向きます003.gif
こんなこともあるんですね~( ´∀`) 
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-25 19:36 | 診療日誌

チィちゃんとのお別れ



昨日はパピークラスの後、出勤していたスタッフ皆で動物霊園へ行ってきました。

飼い主さんの入院のため長期の予定でホテル預かり中の三毛猫「チィちゃん」が急死したためです。

チィちゃんは猫エイズを持っていて病弱なので、一般のホテルでは心配だからと病院併設である当院でお預かりしていた子です。

ペットシッターさんに連れられやってきたチィちゃんは、痩せているけどお腹だけ不自然に膨れていて、とても健康とはいえない状態でした。触診しただけでも、お腹の中の脾臓や腸管が腫れてゴツゴツと触れます・・・
この状態でよくご飯食べれてるな、と思うくらいでしたが、当のチィちゃんは案外ケロッとしていました。飼い主さんには検査結果をご説明して必要な時は治療もしながらお預かりすることに。

環境の変化から2日ほどは食欲が少なかったのですが、慣れるとよくご飯も食べて、2階建てゲージの上の段まで飛び乗れるくらいになりました。スタッフにも慣れ、朝出勤すると掃除中は部屋に放してもらいご機嫌だったチィちゃん。体重も10日で300gほど増え、見た目にも毛艶がよくなり調子よさそうだねと話してた矢先に急変が起こりました。

朝、スタッフの目前で、排便しようと気張っていた時に嘔吐してしまいそれがきっかけでショック状態に・・・
チィちゃんは腸が悪いため、下痢になったり便秘になったり血便がでたりとお腹の調子が変わりやすく、その都度対処していたのですが、この日はたまたま硬い便が肛門付近にあり、必要以上に力んでしまったことで腹圧が高まり嘔吐してしまったのです。

吐いたくらいで・・・?と思われる人もおられると思いますが、動物にとって「吐く」という動作はかなり危険を伴います。私たちは診察する中で、吐いたことによる心臓性ショックの症例を多く見てきています。

今まで全く元気だった子でも、吐いたことをきっかけに心臓がショックを起こし急にぐったりしてしまうことがあるのです。症状が重篤であったり、手当てが遅れると亡くなってしまうこともあります。この日誌でご紹介したメロンちゃんも、吐いたことでショックを起こしましたが、何とか一命を取り留めました。

チィちゃんの場合も、朝、吐くまではいつもどおり・・・部屋を散策していたのに・・・・

ショックに対する治療を続けながらなんとか夕方まで頑張りましたが、午後4時55分、スタッフ皆に見守られて天国に召されました。

飼い主さんからは、お預かり中に亡くなっても仕方ありません・・・というお話まで伺っていたものの、まさかそれが現実になるとは思ってもいず・・・チィちゃんを無事飼い主さんのもとに帰せる日までは!とわが子のようにお世話していたスタッフも、やりきれない気持ちだったと思います。

日曜の昨日、動物霊園で火葬してもらうことになり、チィちゃんの訃報を聞き、休日なのに戸畑からかけつけたトリマーの中村さんも含めスタッフ6人で霊園へ。火葬が終わると、小さなチィちゃんの骨を、霊園の方が綺麗に並べて説明をしてくださり、皆で拾って壷に納めました。

「自分の子でない預かりの子にも、あなたたちここまでしてるの?」と驚かれましたが、皆仕事だからでなく、チィちゃんと飼い主さんのために自分達ができることを考えただけ。それが自然にできるスタッフがいてくれて、私は嬉しくもありました。

でも、本当なら、元気な姿で帰したかった・・・持病があったとはいえ、残念な気持ちで一杯です。みんなチィちゃんが大好きだったよ。お母さんがお迎えに来るまでもう少し病院にいてね。

チィちゃんのご冥福を心からお祈りします。

d0124072_22415387.jpg

亡くなる三日前のチィちゃんです。
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-25 12:47 | 診療日誌

パピークラス

当院では毎週日曜日パピークラスを開催しています。今日集まったパピーちゃんはプードルのくるみちゃん、柴犬のクロちゃん、コーギーのランちゃんの3頭。

d0124072_1651679.jpg


パピークラスでは、ワンちゃん同士で遊ぶのはもちろん、いろんな音や刺激に慣れる練習、飼い主さん以外の人とも触れ合う社会化のお勉強を行います。社会化は生後2~4か月の間にするのが最も効果的といわれています。ワクチン接種済の健康な子犬なら参加できます。

初回は無料です♪(計5回)詳しくは病院までお問い合わせください。

行橋動物ケアクリニック 0930-26-1300
http://yacc.uunyan.com/
055.gif yacc@kxf.biglobe.ne.jp
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-24 16:02 | 今日の診察室

CAT★CAT★CAT

今回はただ今病院にいる猫たちのご紹介です。

まずは、この方。
d0124072_18304650.jpg

スタッフ猫のロミ社長。昼休みのスタッフルームに出勤して従業員を癒すのがお仕事です。

続いてその秘書。
d0124072_18325773.jpg

ろみ社長と仲良しのピーくんです。男同士なのに、いつも抱き合って寝ています・・・

そしてホテルご利用中のカワイコちゃんたち。

d0124072_18344577.jpg

花梨ちゃん。とっても品のあるお顔をしています。名前にぴったりな雰囲気の美人さんです。016.gif

d0124072_18381968.jpg

生後3カ月のスコティッシュフォールドのイヴちゃん。今がかわいい盛り053.gif
見る人みんなを虜にしています。

猫ちゃんのホテルはこんな感じ・・・(モデル:花梨ちゃん)
d0124072_18403534.jpg

狭く感じるかもしれませんが、猫ちゃんはこれくらいの広さのほうが落ち着くみたいです。
長期お預かりの場合は大型ゲージ(上下運動できるもの)でお預かりすることもできますよ。

今日は大みそかにSさん宅の養子になったミイタくんが去勢手術の相談で来院してくれました。約1カ月で体重も600g増え、元気いっぱい、とっても幸せそうでした012.gifただ、朝4時から飼い主さんにご飯の催促して起こすのはやめてあげてね・・・・
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-01-23 18:48 | 診療日誌


行橋動物ケアクリニックの診療日誌です


by yukuhashi-a-c-c

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ご挨拶
設立趣旨
診療指針
工事過程
設計図
診療日誌
おしらせ
トリミング
今日の診察室
症例
スタッフのわが子達
里親募集
学会報告
LEBAⅢトライアル
写真コンテスト
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

今林動物ケアクリニック ...
日本一周 徒歩の旅・路傍...

その他のジャンル