<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

週末は・・・

土曜は診療終わってからスタッフで穴場お花見スポットへ♪あまり知られてない超穴場なんですが、行く私たちも良くわからない場所にあって、行くまでかなり迷いながらも無事到着。桜は綺麗だし、人は少ないし最高!といいたいところですが、なんせ寒かった・・・。凍えながらも火鉢や焼き芋を差し入れていただき、楽しいひと時でした。

そして迎えた日曜は、福岡国際会議場で開催された学会へ石田、篠原、白川、今地の4名が参加して来ました。現地で若松スタッフ(今林院長も)合流し、看護や診療に役立つ知識を仕入れてきました。

d0124072_2243055.jpg

外科手術の講習のスライド・・・怖いです。何をされるか不安になる獣医さん軍団・・・


中でも私が注目したのが、ビオべテリナリーという栄養補助食品。食欲が落ちたり水を飲まない犬猫に何とか美味しく食べてもらおう、飲んでもらおうというシロップです。紹介された映像では、猫ちゃんが一心不乱においしそうに水を飲む姿が・・・・。本当かなあと怪しまないでもないですが、まずは試してみましょう・・・

今日早速、食欲が落ちて困っている患者さんにサンプルを出してみました。喜んで食べてくれるといいけども・・・。
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-29 22:43 | 診療日誌

陰睾の手術

本日退院するシュナウザーのハルちゃん。
d0124072_7144427.jpg


陰睾の手術を行ないました。陰睾とは、精巣が正常位置になく、お腹の皮膚の下や、お腹の中にある先天的な状態。お腹の中の精巣が腫瘍化することもあるため、早めの手術が勧められます。

ハルちゃんの睾丸は、左は降りてるけど、右はお腹の中にあるタイプ。

女の子の避妊手術と同じように開腹して、膀胱から精管をたどってお腹の中に隠れている精巣を探します。

ありました!
d0124072_76099.jpg

左が膀胱、右に見えてるのが隠れていた精巣です。

d0124072_765431.jpg

取り出した精巣。お腹の中にあった左側は右に比べて萎縮しているのがわかります。

私考案・製作の術後服のサンプルを着て退院です♪
d0124072_7151453.jpg

[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-26 23:10

フレンチブルドッグの憂鬱

いまや押しも押されぬ人気犬種になったフレンチブルドッグ。愛嬌たっぷりの顔と陽気な性格のおかげでしょうね。

しかし、この犬種はワンコ初心者の飼い主さんにはちと難しいところもあります。基本的には温厚な子が多いのですが、何かのきっかけでスイッチが入るとガブリと咬みに来たりすることも。病院で診察してても、許容範囲を超えると攻撃してくることがあるので、いつでも逃げれる緊張感を持って注射してます

そして、皮膚が弱い・・・、熱中症になりやすい、麻酔がしにくい・・・実は獣医師泣かせのワンコです

さらにもう一つ、やっかいな遺伝病が・・・

脊椎(背骨)の奇形です。 レントゲン撮ると、全く正常な子って、もしかしたら今までみたことないかも。
ほぼ100%多かれ少なかれの奇形を抱えているのです。軽症な子は見た目全くわかりませんが、重症な子は慢性的な便秘や後足がフラフラする神経麻痺の症状が出てきます。

先日、初めて来院されたフレブルの花ちゃん。(男の子よ
d0124072_7493991.jpg


小さい頃から大人しく、後ろ足が弱い子だったとのことでした。受診した理由は、かなり長期続いている吐き気と痰の絡んだセキでした。レントゲンを撮影してみると、かなり重度の脊椎奇形が発覚・・・。

後ろ足のふらつきは神経麻痺によるもの、頚部にひどい病変があったため、気管や食道も緩んでいて慢性的な気管支炎や食道炎を起こしているようです。


診察中もあまりに大人しいので、「この子いつもこんなですか?」って聞いたらそうらしく。

レーザーしながら、「痛みが取れたら性格明るくなったりしてね」なんて話していたら、数回の治療後飼い主さんから、「最近元気がよくなって明るいんですよ~♪」と嬉しい報告が!

フレブル花ちゃんの憂鬱は、ずっと続いていた痛みが原因だったのです。骨の奇形は治ることはありませんが、レーザー治療で痛みの無い生活が続くといいですね。
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-25 23:57 | 診療日誌

第9週

忘れた頃にやってきたLEBAⅢトライアル。止めちゃったわけではありませんよ毎週だと効果が見えにくいため、1ヵ月ばかり空けて撮影してみました。

スプレーし続けて(1日1回のことも多いけど・・・)はや2ヶ月。

ついに、ついに、効果が目に見えてきましたよ~
写真では見にくい下の臼歯の歯石がかなり薄くなってまいりました。上の臼歯も先端から白いエナメルが顔をだしました!
d0124072_1932125.jpg


そして驚きなのは、口を開いての内側の歯石!!思った以上に取れてるじゃないの!!!
d0124072_19324024.jpg

初めもこのアングルで撮っとけばよかったなあ・・・

写真を撮るのがいつも一人の時なので、うまく撮れないのがもどかしい・・・

なかば諦めかけてたLEBAⅢですが、俄然やる気がでてきました。もっと続けて目指せ白い歯!!
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-23 19:33 | LEBAⅢトライアル

今日は1日・・・

ペットの術後服のことを考えていました。思い返せば3月2日、ふと「そうだ、術後服を作ろう」と思いついたのが事の始まり。それからというもの、毎日毎日、理想とする術後服の形を探し求めてきました。
日本全国で手術する動物たちによく出されているカラー、もちろんカラーでないと無理なものもありますが、動物をブルーにしてしまう、このカラーからの脱却ができないかと考えた結果・・・快適な術後服があればいいのでは?と思ったのです。

ペット服メーカーさんにもご協力を仰ぎ、色々なアイデアを何度も送りつけ(´Д`;;)・・・
さぞかし迷惑だったことでしょう・・・。その都度優しく対応してくださっているオールワンさん。ありがとうございます<(_ _)>可愛くてリーズナブルな犬服がいっぱいですよ♪覗いてみてください。

そしてついに今日・・・これだ!と思えるデザインがやっと、やっと見つかりましたO(≧∇≦)O

これからサンプル作成して商品作りがスタートする、予定。私のアイデアのつまった術後服、楽しみにしていてくださいね♪

私の今までの考案メモの数々・・・
d0124072_1441917.jpg

無駄になりませんように・・・沢山のペットと飼い主さんを笑顔にできますように・・・
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-23 01:25 | 今日の診察室

フィラリア予防について

春一番も吹き荒れて、日ごとに暖かくなってきましたねこの暖かさでそろそろ活動を始めたものもいますよフィラリア症を媒介する蚊やノミ・ダニなどの寄生虫です。

ノミやダニは駆除薬をつければその時だけで終わるのですが、フィラリアはいったん体に入ると、何もしなければ心臓に行き着き、ワンコの命を脅かす怖~い病気です。

今年は2月くらいからちらほら蚊が出始めているので、早めの予防をオススメします。

フィラリアのお薬にも色々な種類が出てきて、価格や好みによって選ぶことができますよ

価格の安さなら・・・

d0124072_2144368.jpg

                             錠剤タイプ

フィラリアの予防のみのシンプルな効き目です。

美味しさで選ぶなら・・・

d0124072_21452624.jpg

                          チュアブルタイプ

一ヶ月に一度の特別なおやつと思っている子も多いみたいです。
9割の子が喜んで食べます。フィラリアと回虫などお腹の虫の駆除も同時にできます。

皮膚にたらすだけの簡単投与

d0124072_21495955.jpg
 
                           スポットタイプ

飲み薬がダメな子でも確実に予防ができるスポット式。背中の皮膚に垂らすだけです。フィラリア症とノミ、ミミダニも同時に駆除できます。最近はこちらのお薬を選ばれる方も増えてきました。

投薬前に血液検査をして、陰性であることを確認してから投薬を始めましょうね♪
少しの血液を採らせてもらって10分程で結果がでます。

ちなみに猫ちゃんも、稀にですがフィラリアに感染します。心臓が小さいので発症するととても重症になります。猫ちゃん用の予防薬もありますよ。

フィラリア予防薬に関するご相談、随時受け付けています。お気軽にスタッフまで!
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-21 21:55 | 今日の診察室

いつまでも可愛いロミ社長

d0124072_025253.jpg


飼い主さんから頂いた差し入れのお菓子の箱に入るロミ社長。昼休み中、ずっと入ってました

猫ちゃんは箱が大好きですね。たとえそれが何の箱であろうと関係ありません。ぴったりサイズであれば・・・

ちなみにロミ君の一番のお気に入りのおもちゃは「箸袋」安上がりな社長です。
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-21 00:06 | スタッフのわが子達

患者さん紹介

昨日トリミングに来てくれた、パピヨンのゴンちゃんとチワワのコナちゃん。若松時代からの患者さんであるゴンちゃんに妹ができたのが数年前。その子がコナちゃんです。とっても仲良しで可愛い2匹。いいコンビです♪
d0124072_1132717.jpg


ピンクのベストを着せられてるのは柴犬のゆずちゃん。
d0124072_13478.jpg


首の下にかなり痛そうな皮膚炎が・・・。引っかき防止のためのベストだったのです。明日も来て下さいね~。
d0124072_1114985.jpg


トリミングで来院してくれたヨーキーMIXのミモちゃん。首をかしげて可愛いポーズだね
ミモちゃんも最近まで皮膚炎があって通院中でした。今回やっと全快してシャンプーの許可がおり、スッキリさっぱり♪

d0124072_1165763.jpg

[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-20 01:15 | 今日の診察室

スタッフ井上さんの愛犬

チャイニーズクレステッドドッグの倖(さち)ちゃん。男の子です。
d0124072_23341536.jpg


服を着てるのでわかりにくいのですが、頭と足先以外は毛がありません。毛がもともと薄い素因をもったそういう犬種なのです。

しかし、まだまだチャイクレの認知度は低く、井上さんが倖をつれてお出かけすれば、

「あら、可哀想に・・・皮膚病?」

「この子は何の雑種なの?」
と、聞かれることが多いそうです。

行橋近辺にはおそらく一匹だけでしょうから、ムリもありませんね

d0124072_23312276.jpg

とってもビビリな倖。腰が落ちちゃってますよ。

d0124072_23323760.jpg

と思ったら、逃げられたっ!!
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-18 23:33 | スタッフのわが子達

最近は・・・

私が帰宅しても気付かない我が家のちゃまくん。

d0124072_1112381.jpg

寝てます・・・。

うなは隣で大喜びしてるのに・・・耳が遠くなるにはまだすこし早くないですか?

はっ、もしや・・・気付かないフリ?Σ(゚Д゚ )
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2010-03-18 01:15 | スタッフのわが子達


行橋動物ケアクリニックの診療日誌です


by yukuhashi-a-c-c

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ご挨拶
設立趣旨
診療指針
工事過程
設計図
診療日誌
おしらせ
トリミング
今日の診察室
症例
スタッフのわが子達
里親募集
学会報告
LEBAⅢトライアル
写真コンテスト
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

今林動物ケアクリニック ...
日本一周 徒歩の旅・路傍...

人気ジャンル