<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

当院最高齢にゃんこ❤

d0124072_08159.jpg


ぷるちゃんは御年22歳の超高齢にゃんこ。

先日病院にやってきましたが、その理由は・・・爪切り。ただそれだけ!

このお年まで大きな病気もせず、年を取り爪とぎをしなくなったため、伸びすぎた爪が肉球に刺さり、歩きづらくなるとやってくるんです。とはいえ、今回の来院も約一年ぶり!

22歳にしてこの毛艶、ふっくら度合。思わず拝みたくなりますね♪

私石田家のけいこちゃんも18歳になりますが、ぷるちゃんに比べたらまだまだひよっこですなぁ~
(#^.^#)
d0124072_083883.jpg


あ、サマーカットのクオリティの低さに関してはどうか触れないでください(笑)
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2014-07-19 00:09 | 診療日誌

雨、雷恐い((((;゜Д゜)))対処法

昨日からの激しい雨や雷で、パニックになったり怯えたりしてるワンコが多いですね。(猫は犬ほどではないようです)

お宅のワンコは大丈夫でしたか?

病院にも電話での問い合わせ、お薬希望の子が多くみられました。

当院では、程度によってこの3つを使い分けています。

レベル①そわそわ

呼吸が早くなる、少し落ち着かない。
声をかけたり抱けば落ち着く。食餌をとることが出来る。

オススメするのは、緑茶由来のリラックス成分配合のサプリメント。
d0124072_13740.jpg



一時間位で効果が出はじめます。マイルドな効き目なので、不安感が強い子には弱いケースもあります。

飲み過ぎても副作用はないので安心して与えられます。

レベル②ガタガタ(>o<")

震えが激しく、隠れようとする。眼を見開き、飼い主さんの呼び掛けにも反応しない。もちろんごはん処ではない。
極限に達すると、ドアや床など破壊行動に出たり、逃走してしまうことも。

こんなパニック状態には、花のエキスを精製したバッチフラワーレメディ。

その中でも特にこういう時には『レスキューレメディ』がオススメです。
d0124072_1396.jpg


パニックに陥ってしまったあとでも、落ち着かせる手助けになります。

液体なので、口に垂らすか、耳などに刷り込むだけでも大丈夫。
落ち着くまで、1回4滴、何度でも使えます。薬品ではないので常用性、副作用もありません。飼い主さんも一緒に使えます♪

それでもダメなら…

抗不安薬。医薬品ですので、基本診察しての処方となります。
d0124072_192249.jpg



強さも数種類あるので、獣医師が体調やパニック度を見てお選びします。

鎮静効果が出すぎると命の危険もあります。自分勝手な投薬はしないように…。
お願いします。

他にも安心して隠れられる場所。出来る範囲での防音対策。(雨戸やカーテン)
そして飼い主さんの声かけ!

一緒になって慌てるとますます不安がりますから、ドーンと構えて「大丈夫よ♪」と…。安心させてあげてくださいね。

うちの子にはどれがいいかな?迷ったらご相談下さいね♪
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2014-07-08 00:18 | 診療日誌

身体の中からこんにちは!

動物の体内からは時にビックリするようなものが出てきます。

ある時は、膀胱から、そしてある時は消化管から…

今日は当院の患者さんの体内から最近出てきたものをご紹介しましょう。

1つ目は…

d0124072_22372139.jpg



石です。将棋の駒くらいのサイズです。

これはどこから出てきたかというと、ワンコの膀胱から。石は石でも体内で作られた膀胱結石なんです。

14才のおばあちゃん犬、ももちゃん。石の刺激で頻尿となり、ちょこちょこしかオシッコが出ない状態でした。食餌療法も頑張っていましたが、大きすぎるため手術で摘出することに。

これからも再発防止に気をつけていかねばなりません。偏った食餌や肥満、慢性の膀胱炎、我慢するクセも原因となります。これからも頑張ってね♪ももちゃん!

そして今日、取れたてホヤホヤのこれ。

d0124072_2223317.jpg



ワンコの腸に詰まっていたのを手術で摘出しました。見た目アレですけどウンチじゃありませんよ!1週間吐き気と食欲不振に悩まされたゆうちゃんの消化管内異物です。


展開してみると…

d0124072_22381478.jpg



なんとマスク丸々1枚!何が美味しかったのか飲み込んでしまったようです。

これでお腹すっきり、美味しくごはんが食べれるといいね♪明日から流動食だよ~。ゆうちゃん001.gif

いずれにせよ、原因がハッキリしてて、摘出すれば解決するものは、獣医師サイドからみたらある意味清々しく思えます。

まずは2匹が順調に回復してくれますように!

そして、飼い主の皆さんもお気をつけて!思わぬところに原因が転がっているかも…ですよ006.gif
[PR]
by yukuhashi-a-c-c | 2014-07-03 22:22 | 診療日誌


行橋動物ケアクリニックの診療日誌です


by yukuhashi-a-c-c

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ご挨拶
設立趣旨
診療指針
工事過程
設計図
診療日誌
おしらせ
トリミング
今日の診察室
症例
スタッフのわが子達
里親募集
学会報告
LEBAⅢトライアル
写真コンテスト
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

今林動物ケアクリニック ...
日本一周 徒歩の旅・路傍...

その他のジャンル