年末年始の診療時間

d0124072_23233035.jpg


★今日の待合室★
トリミングで来院したペキニーズのももちゃんです。と~~ってもおとなしくてお利口さんでした。
待合室はしばし撮影会状態に・・・可愛くとれましたね♪

早いもので今年も残すところわずかとなりました。昨日で当院も開業して一か月。カルテも300頭目前になりました。

圧倒的に多いのはワンコ、ついでニャンですが、すこしずつウサギや小鳥も増えてきています。

さて、年末年始の診療時間をこちらでご案内いたします。

28日(金)までは9:00~19:00、 29日(土)は9:00~16:00
30日(日)は休診、31日(月)は9:00~12:30のみの午前中診療となります。
3が日は基本的に休診ですが、急患、通院で継続治療が必要な子にかぎり9:00~9:30のみ対応いたします。それ以外の時間には不在ですのでご了承ください。

ホテル等のお迎えは9:00~10:00、17:00~18:00それぞれ一時間のあいだ可能です。
(間に合わない場合は次の時間帯、もしくは翌日迎えとなりますのでご注意ください)


避妊手術等、手術の受け付けは年明け8日以降とさせていただきます。
[PR]
# by yukuhashi-a-c-c | 2007-12-27 23:07 | おしらせ

緊急症例

昨日の終了間際に来院した柴犬のシュンくん。おとといから尿の出がわるく、昨日からはずっと気張っても出ず、悲痛な鳴き声をあげているとのこと。

レントゲンをとってみると・・・あちゃー・・・・といいたくなるほど、膀胱内には1cmほどの大きな石がひとつとと小さな鋭い尿石が数えきれないほど。おまけに尿道にもびっちりと尿石が詰まってしまっています。

緊急的にパンパンに膨らんだ膀胱に針をさしておしっこを抜き取り、カテーテルで洗浄しようとしましたが、尿石はびくともせず・・・。

このままでは腎不全を起こして死んでしまうので、その日は膀胱炎、尿道炎の治療を行い翌日の今日、若松本院へ運んで手術をすることになりました。

シュンくんの受けた手術は「会陰部尿道ろう設置術」尿道に致命的なダメージが及んでいる場合に行う救命のための手術です。

睾丸と肛門の間の皮膚に直接尿道をつなげることで、結石を取り除き尿が出るようにするのです。場所が場所だけに大変な手術だったそうですが、松田獣医とともに帰ってきたシュンくんはおむつはしているものの元気そのもの。詰まっていた結石がとれて尿もスムーズに出るようになりました。

帰って早々、なにか食べるものはないかとクンクン・・・缶詰を与えてみたらすぐにパクついてくれました。あとは傷の状態をみるのにしばらく入院が必要ですが、命の危機は脱することができました。

こんな緊急疾患時にはやはり本院との提携ができるので心強いですね。両院のスタッフが協力して医療機器や情報をを共有しつつ治療にあたっています。

若松への往復と手術助手をしてくれた松田先生、そして大手術を乗り越えたシュンくん、今日はお疲れ様でした!
[PR]
# by yukuhashi-a-c-c | 2007-12-22 00:57 | 診療日誌

トリミング受付開始しました!

お問い合わせの多かったトリミングも今週より受付を開始しました。
第一号はチワワのプルーちゃん。薬用シャンプーで洗ってもらってサラサラになりました。

d0124072_018652.jpg

カメラ目線の秘訣は、「お散歩行く?」という言葉。途端に目がキラッと輝き注目してくれました。

病院併設のトリミングの特色として、抜け毛やフケなどでお悩みの場合は事前に診察をして原因をある程度把握してその子の毛質や皮膚の状態に応じたシャンプーを選択することが可能です。(薬用シャンプーだけでも何種類もありますから・・・)

現在トリミングをご利用いただいているほとんどの方が診療の過程でトリミングを希望されています。診療と薬浴の併用で皮膚疾患の治療効果は格段にアップします。ご家庭でのお手入れ方法に関してもトリマーがアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。

年内は29日までご予約を受け付けています。

尚、診察は31日午前中まで行います。1~3日は休診とさせていただきます。4日以降は診療・トリミングともに通常通りに戻ります。

年末年始のペットホテルは、まだ空きがありますので、予定されている方はお早めにどうぞ♪
[PR]
# by yukuhashi-a-c-c | 2007-12-18 00:29 | 診療日誌

ようやく落ち着いてきました

開院から2週間がすぎ、ようやく診療体制や日誌の更新に必要なネット環境も本格的に整ってきました。

本当は開院一日目から日誌を付けたかったのだけど・・・欲を出さずに更新は無理なく(笑)が長続きさせるコツかもしれませんね。

今日は当院の第一号の患者さんをご紹介します。柴犬のハチくんです。

d0124072_0352146.jpg

先日の日誌でも書いた通り、開院前の内覧会の初日の朝、来院した急患さんです。
その後怪我は順調に回復し、この写真は抜糸のときのひとこま。

ハチくん、目があうと凄くいい笑顔で笑ってくれるのです。注射になるとこの笑顔も消えてしまいますが・・・初めての患者さんがこんな笑顔の持ち主で、なんだか嬉しくなりました。なるべく病院にはお世話にならないほうがいいのだけど、これからもよろしくね~!ハチ。

まだ小鳥の診療をしていることがあまり認知されていないからか、患者数は少ないのですが、こんな患者さんもやってきました。

d0124072_041198.jpg

水浸しで衰弱していたところを保護された野鳥のカワセミです。目が覚めるような綺麗なメタリックブルーの羽をしていました。保護された方の献身的な介護でメダカを自分で食べるようになるまで回復しましたが、残念なことに亡くなってしまいました。やはり人の手にかかるとどうしても死亡率が高いのが野生動物の難しさですが、最後まで暖かい手当を受けることができたこの子は幸せだったと思います。

病院の中は開院お祝いでいただいた花でいっぱいです。チワワの患者さんとの一枚。
d0124072_049017.jpg

お祝いのお花や差し入れをくださった方々、本当にありがとうございます♪
[PR]
# by yukuhashi-a-c-c | 2007-12-13 00:49 | 診療日誌

内覧会二日目、そして開院初日

内覧会二日目は一日目より更に盛況で、のべ120人くらいの方にご来場いただきました。
掃除などして準備していると、「すいませ~~ん!ついさっきうちの子が散歩中に噛まれてしまって・・・」と柴犬をつれた患者さんがやってきました。

みると左の後ろ足に咬まれた傷が深く開いていて、出血もあり、足を引きずっています。掃除を中断して、開院前にも関わらず第一号の患者さんの診療開始です。

傷を消毒して、注射を打ち、カラーをつけて包帯を巻いて・・・元気に帰っていきました。まだまだ院内の整頓が済んでおらず、かなりバタバタしてしまいましたが・・・。

そうしているうちにどんどん見学の方がやってきて、1階は院長ツアー、2階はケアセンター内山ツアーがスタート。私は受付で来場のかたの対応に追われていました。この日も若松本院の患者さんが遠方からお祝いに駆けつけてくださったり、学生時代の旧友が訪ねてきてくれたりと、忙しいながらもとても嬉しい一日でした。

そして迎えた開院一日目。朝から切れ間無くポツポツと来院が続き、終わってみれば28匹の動物が診察にやってきました。若松本院での忙しさに慣れているのではじめはテンポがつかめず、そしてまだ自分の思うように診察できない環境というもどかしさもあり、帰ってお風呂の中で寝てしまうほど(笑)無事開院して若干張っていた気持ちがゆるんだのかも。

とはいえ、まだスタートラインに立ったばかりの病院です。10年、20年と地域に根付いた診療ができるように頑張ります!

本日二日目は一日目に比べ比較的余裕があったので、スタッフ一同片づけや整頓、事務処理に精を出しました。すこしずつ、すこしずつ使いやすい院内に進化しています。

近日中、また院内の様子をアップしますね。
[PR]
# by yukuhashi-a-c-c | 2007-11-27 23:28 | 診療日誌


行橋動物ケアクリニックの診療日誌です


by yukuhashi-a-c-c

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ご挨拶
設立趣旨
診療指針
工事過程
設計図
診療日誌
おしらせ
トリミング
今日の診察室
症例
スタッフのわが子達
里親募集
学会報告
LEBAⅢトライアル
写真コンテスト
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

今林動物ケアクリニック ...
日本一周 徒歩の旅・路傍...

その他のジャンル